「市場(男性)」において貴重であること その@

「市場(男性)」において貴重であること その@

「市場(男性)」において貴重であること その@

 

さて、前述した「ニーズ」は二つ目の「「市場(男性)」において貴重であること」ということとセットになっています。

 

「貴重さ」とは、その市場でなかなか手に入らないという意味です。

 

たとえその女性が綺麗でも、まわりの女性も同じくらい綺麗なら、あなたは男性にとって貴重な存在になかなかなれない、ということです。

 

市場(あるいはネットワーク)は世界中に広がるし、たった数人になったりもします。

 

たとえ東京にたくさんその商品が出回っていても、愛知県に住む多くの人にとって、それが手に入らないなら、その商品は愛知県では貴重になります。

 

「不釣り合いなほど素敵な男性」と結婚している女性の秘密

 

では実際の話、市場とは何なんでしょうか?

 

実は、人は自分か所属する市場の中でしか、相手を選ばないものなのです。

 

自分を振り返ってみるとわかると思いますが、インターネットが普及しか今でさえ、あなたが出会っている人間の数は限られています。

 

職場でも、SNS(交流サイト)でも、サークルでも、スクールでも、あなたが一週問に会話する異性の数は、お客様や取引先を除けば、十人はいっていないでしょう。

 

多くの人は、その中で結婚相手を選ぶのです。

 

一つの事実として、金持ちは金持ちどうしで結婚するということが指摘されています。

 

それは単純に、お金持ちはお金持ちが集まる場所に行くことが多くて、そこでお互いに知り合う機会多いからなんだそうです。

 

私の知人の超お金持ち経営者も、同様のことを言っていました。

 

彼には、部下として気にかけている女性がおり、その女性に、

 

「お金持ちが普通に参加するパーティや交流会にいつも顔を出すと、お金持ちと結婚できる」

 

と言って、そのような結婚を望む部下に、しきりに参加をさせていたそうです。

 

さらに、もう一つ話をさせてください。

 

これは以前に本人から直接聞いた話なんですが、東京理科大学には「オシャマジック」というマジックがあるそうです。

 

東京理科大学のある学部は、一年生の時、北海道の長万部にあるキャンパスで過ごすそうです。

 

その学部は男性と女性の比率が九対一。と、とても偏っているんだそうです。

 

しかも、恋愛の対象となる若い人はキャンパスの外にほとんどいないといいます。

 

そして、なんと「そこで一年問を過ごすと、どんな女性でも必ず恋人ができる」という不思議な現象が起こるそうです。

 

これが「オシャマジック」です。

 

このように、市場とは、その女性が属している場所を指します。

 

そして、その場所の男女比率が偏っていれば、簡単に貴重な存在になれるということです。

 

不釣り合いなほど素敵な男性と結婚している女性の中には、このような小さな市場、あるいは質の高い男性が偏ってたくさんいる市場に、戦略的に、あるいはたまたまいたから、結婚できた、と私は考えています。

 

このような偏りは、地域によっても起こります。

 

たとえば、あなたが研究者と結婚したいなら、札幌市に住むより、つくば市に住むほうが有利でしょう。

 

つくば市にはたくさんの研究所があり、たとえば、つくば市でテニスサークルに入れば、そのうちの何人かは研究者に違いありません。

 

研究者はそれほど珍しくもないため、彼らはその市場では貴重ではありません。

 

一方、札幌市なら、研究者の人口あたりの割合は小さく、売り手市場で、競争率が高いと考えることができるからです。

 

ライバル女性の中で「貴重な存在」になれる方法

 

恋愛・結婚ということを考えると、十年前に比べて「巨大市場」が生まれています。

 

巨大市場とは、1990年代の終わりからサービスとして発達していったインターネットを利用した出会いです。

 

この巨大市場の出現で、これまでより、十倍、百倍、千倍の異性に会うことが可能となりました。

 

あなたは、多くの男性の中から男性を選ぶことができるのです。

 

インターネットでは、莫大な数の男性と接することができるので、その中には、あなたの好みで、かつあなたを好きになる男性もいるでしょう。

 

実際、現在では、少なくない数の結婚が、SNSやネットで知り合ったことがきっかけだったりするようです。

 

ある調査では、インターネットで出会ったカップルというのは、半数くらいを占めていたりします。

 

これを利用しない手はありません。

 

ただし、インターネットにおける出会いには、「落とし穴」がたくさんあります。

 

それは、巨大市場では、自分好みの男性をたくさんの中から選べるかもしれませんが、一方で男性もたくさんの中から自分の理想の女性を選べることになるのです。

 

あなた自身も、その巨大市場のたくさんの女性の一人であり、その中で貴重になる必要性が出てくるということです。

 

このような偏りのない、巨大な市場を「フラットな市場」と呼びます。

 

フラットな市場では適正な競争が働き、本当によいものが、本当によいものを選んでいくということが起こってしまうのです。

 

フラットな市場では「オシャマジック」のようなことは起こりにくく、貴重になりにくいわけです。

 

でも、心配しないでください。

 

貴重になる方法はあります。

 

一つは、インターネットが「検索」の世界であることを利用するのです。

 

たとえば、あなたが「鉄道人好き娘」だとします。

 

そのような女性は、この巨人市場の中でも貴重です。

 

プロフィールに「私は鉄道が人好きで、特にダイヤ(時刻表)の美しさに惚れています」と書くことで、貴重な存在になれるのです。

 

鉄道人好きな男性にとって、自分の趣味に理解のある女性は、居心地がよいものなのです。

 

それは、パートナーとしての魅力に間違いなく加算されるでしょう。

 

だから、あなたは、

 

 

  • 自分の特技
  •  

  • 自分が他の女性には許容できないことを許容できること
  •  

  • あなたの居心地のよさの特徴

 

 

などをプロフィールに書くことによって、賁重さを出すことができるのです。

 

また、巨大市場においても、人が長く居続ける場所は、やはり小さな市場になります。

 

SNSであれば、普段日記を書いて、それにコメントをつけ合う「友達」、あるいはSNSの中のコミュニティは、小さな市場になります。

 

そこに潜り込んで、そこで貴重になれば、「オシャマジック」を起こすことも難しくありません。

 

たとえば、あなたが背の高い女性なら、「背の高い女性が好き」というコミュニティに入っている男性の友達になればよいわけです。

 

このようにして市場を選び、その中で、その男性にとって何らかの形で貴重であれば、あなたは「選ばれる女」になれるのです。

あなたの魅力とマッチする「出会いの場」に行くこと

 

また、あなたが外見の魅力が高ければ、合コンなど、外見で判断されやすい市場に行くべきです。

 

逆に、あなたが男性との付き合いはいつも長く続くとか、相手に気遣いをするのが上手で、居心地のよさを満たすことが得意なら、何度も同じメンバーが参加する交流会など、参加者が一定期問固定されるビジネス勉強会などに参加するほうがベターということになります。

 

市場にはそれぞれ「独自の性質」があり、自分が持っている魅力とマッチする市場に行くことで有利となります。

 

具体的にあげると、以下のようになります。

 

 

見た目の魅力が高い女性

 

合コン、カップリングーパーティなど、一瞬で相手を選ぶ場所。

 

恋愛が強調されている場所。

 

 

内面的な魅力が高い女性

 

職場、サークル、スクール、SNS、居酒屋の常連など、長い時問をかけて過ごす場所、恋愛が目的になっていない場所。

 

 

家庭的な面を持っている女性

 

結婚紹介所、お見合い、親の紹介など、結婚が意識されている出会いの場所。

 

 

男の夢・時間を邪魔しない女性

 

これに関しては、具体的に示すのが難しいですが、たとえば、仕事で忙しい男性なら、キャリアアップのために英会話教室になら来るかもしれません。

 

 

 

たとえば、見た目の綺麗な女性は、内面的な魅力の高い攵性にお勧めする場所(職場、サークルなど)でも、「一瞬で相手に選ばれる」魅力があるので、会社に入った半年以内に恋人をつくったり、サークルに入ってくる新しい男性と付き合ったりするでしょう。

 

一方、その女性が外見的な魅力しかない場合、半年経っても何も起こらなかったら、その市場を去るべきです。

 

サークルなどを半年ごと(あるいはもっと早く)に移動すべきということになります。

 

逆に、内面が魅力的な女性が、合コンやカップリングーパーティなどに行った場合は、そこでは無理にアプローチをしなくてもよいです。

 

その代わり、何度も同しメンバーでバーベキューをしたり、飲み会をしたりして会う回数を増やすことで、「長い時間をかけて過ごす場所、恋愛につながることだけが目的になっていない場」をつくり出す必要があるのです。

 

このように、自分の魅力と市場の性質を知っていれば、効率的に「結婚につながる男性」と出会えるのです。

 

また、男性が結婚相手に期待する「「理想の男性」にたどり着く4つの条件」で紹介した四つのニーズを満たす魅力を複数にまたがって持っている女性は、より結婚に有利になります。

 

たとえば、最初に見た目の魅力で惹き付け、次はパートナーとしての魅力を感じさせ、次は料理の上手さや、家計を任せられそうだと男性に思わせるなどして、関係の進展に合わせて、違ったアプローチで攻めることができるからです。

 

つまり、「貴重さ」は、何もあなたが特別に美しくならなくても、あなたが誰よりも居心地がよくなくても、成り立つのです。

 

あなたの価値が高い場所、あなたが貴重となる場所に移動すればよいわけです。

 

あなたが他の女性よりも貴重となれる場所はどこでしょうか?

 

そのような貴重さは、たまたま生じていることもあります。

 

あなたが参加したサークルは、たまたまほとんどの女性は既婚者かもしれません。

 

たまたま、あなたより居心地のよい女性が少ないだけかもしれません。

 

逆に、そうでない市場にあなたがたまたま所属してしまった場合は、速やかに去るべきだと思います。

 

 

「「市場(男性)」において貴重であること そのA」につづく >>

 

 

 

 

 

婚活はここから始めよう!