失敗しないパートナーの条件

失敗しないパートナーの条件

不幸にならないためには

 

時々、聞かれるのが、「どのような男性と結婚すれば幸せになれるのですか?」という質問です。

 

そして、その答えはこうなります。

 

「結婚して幸せになりたいという考え方は、リスクが高いことなのです。なぜなら幸せの基準というのは、時間が経つにつれてどんどん変わっていくからです。ただ不幸に関しては、共通するポイントがあります。したがって、『結婚においては、自分か不幸にならないという基準で、相手を選ぶことが大切』ということになります。」

 

不幸にならないための結婚をするためには、次から挙げるポイントに注意してしてみてください。

 

「家族を養う力」と「経済観念」があるかどうか

 

結婚適齢期の女性と、その親の世代の経済状況は、まるで違っています。

 

高度成長は終わり、終身雇用もなくなり、国の借金は一千兆円を超えています。

 

誰もが経済的に安定した家庭をつくれる時代は終わったと思うべきだと思います。

 

あなたが不幸にならないために重要なことは、「家族を養う力のある男性を選ぶこと」です。

 

まずは、ある程度収入のある男性を得る必要があるでしょう。

 

ファイナンシャルプランナーを含む専門家たちの意見は、都心において男性の年収は最低400万円は必要というのが常識的です。

 

そのくらいなければ、あなたやあなたの子供を養っていけないのです。

 

逆に、それを知っているからこそ、多くの女性にとって「年収400万円」が男性を選ぶ一つの基準になっているともいえます。

 

ただし、「就業基本構造調査」(総務省)によれば、20代後半と30代前半の男性の所得は300万〜400万円が最も多いというデータがあります。

 

そう考えると、年収の最低ラインを400万円にすると、結婚が難しくなる可能性が出てきます。

 

これに対応しているのが、夫婦で稼ぐことを目指す、というものです。

 

男性の年収は。300万円で妥協し、女性がパートで100万円を稼げば400万円に届くため、相手選びがもう少し現実的になるのです。

 

ただ、400万円は年収としてギリギリなので、できれば女性も年収300万円を目指して夫婦で600万円を得ると、都心で子育てをしながら生活できることになります。

 

このように、これからの日本においては、「夫婦で家庭を守る」のが一般的になるだろうと予想できます。

 

もちろん、あなたが年収の高い男性と結婚できるというのであれば、それに越したことはないと思います。

 

また、収入がいくら高くても支出が多ければ意味がないでしょう。

 

したがって、相手選びにおいては、彼にある程度、経済観念があること、あるいはあなたに経済観念があるなら、あなたに財布を預けてくれる相手を選ぶ必要があるということです。

 

彼がギャンブルにはまっていたり、浪費家であったり、そのくせ、あなたに財布を預けそうになかったりする場合、ある程度の年収があっても、その男性を選ぶのはあまりお勧めできません。

 

また、今の仕事が、この先このまま安定しているとは限りません。

 

突然解雇されたり、その職業に価値がなくなったりして、今の収入を維持できなくなることは十分にありえる話です。

 

つまり、彼の職業の安定性、将来性も重要です。

 

そして最も重要なのは、相手の男性が、賢く、力強く、この先40年以上を生き残れそうな力があることです。

 

これだけで、選ぶべき相手がいなくなってしまいそうですが、この視点はとても重要になります。

 

心も体も「タフ」であるか、モラルはあるか

 

体と心の健康はとても重要です。

 

あなたが子供をつくりたいなら、体の健康には彼の生殖能力も含まれます。

 

また、子供への遺伝も考慮する必要があります。

 

両方ともデリケートな問題なので、公に語ることは難しいのですが、あなたの結婚後の人生に大きな影響を及ぼすことは確かです。

 

遺伝に関しては、彼の病気などに問題があることを知った時、最新の正確な知識を持つ必要があるでしょう。

 

世間では遺伝するといわれていても、実際には遺伝しないものもあるし、遺伝しても症状として現われないものもあります。

 

また治療法が確立していたり、治療薬が開発されていたりして対処できるようになっていたりすることもあるからです。

 

心の健康は、精神的に安定し、タフであることです。

 

モラルや常識があることです。

 

極端に何かに依存していたり、誘惑に弱かったりする男性を選ばないことが大切です。

 

責任から逃げ回る男性、仕事の続かない男性も、選ばないほうがよいでしょう。

 

また、あなたを大人と見なさず、「俺が一人前にしてやる」と言ったり、強くあなたを束縛したりする男性も避けたほうがよいでしょう。

 

常に自分が被害者で、自分が正義と思っているような発言をする男性も危険です。

 

過去の恋愛遍歴や仕事の話をしている時、いつもまわりに苦しめられた、まわりに裹切られたと言っている男性は要注意です。

 

結婚後は、あなたが悪者で加害者になってしまう可能性が高いからです。

 

また、「結婚という制度」をきちんと理解し、受け入れていることも重要となります。

 

結婚をしても平気で浮気をしたり、ちょっとしたことで家庭を顧みなくなったり、すぐに離婚しようとしたりする男性は、あなたを間違いなく苦しめます。

 

実は、これはあなたにもいえることで、あなたの心と体が不健康で、相手がそれを知らなかった場合、相手を苦しめることになります。

 

あなたが子供を欲しくなかったり、あなたが結婚の常識を受け入れられなかったりする場合、結婚すれば相手とともに自分も不幸になるかもしれません。

 

「家族をケアする能力」はあるかどうか

 

もしも、あなたに心を置いていないような男性と結婚することになると、あなたは不幸になります。

 

仕事にしか興味がなかったり、他の女性に心を奪われていたり、家に十分なお金を入れなかったり、家族サービスをしなかったりする男性は、いくら条件がよくても、結婚後、あなたを苦しめるでしょう。

 

多くの場合、結婚する前に、その傾向を相手に見いだせるはずです。

 

たとえば、すでにセックスレスになっていたり、あなたを人ではなくモノとして扱っていたり、首を傾げるような発言、たとえば「経済的に成功している選ばれた人間は、たくさんの女性と体の関係を持つ権利がある」と豪語したり、コミュニケーションスキルが低く、あなたを思いどおりにしようと感情的にふるまったり、自分のことだけで手一杯の男性は選ぶべきではありません。

 

「恋愛感情」がなくなっても尊敬できるか

 

結婚をすれば、多くの場合、数年のうちに恋愛感情は薄れていきます。

 

だから、結婚相手には恋愛感情がなくなっても、尊敬できる相手を選ぶべきです。

 

それは、無理に尊敬できるところを見つけるという意味ではなく、「自然と尊敬できるところがある」ということです。

 

また、些細なことは違ってかまわないが、重要なところで相性が合うこと、あるいは相手が合わせてくれることが求められるでしょう。

 

たとえば、宗教に関する価値観、子育てに対する考え方などがそれにあたります。

 

これらの視点に注意して、「自分が不幸にならない男性」を選ぶことをお勧めします。

 

「パートナーの条件」は、上を見れば切りがありません。

 

あなたがどこまで売り手市場で、あなたにどこまで時間に余裕があるかで、この条件は変わりますが、あなたが20歳を超えていて、「不幸にならない選択だ」と確信したなら、迷わずその相手を選んでかまわないと思います。

 

 

「結婚が決まったら」につづく >>

 

 

 

 

 

婚活はここから始めよう!