婚活ランダムウォーク作戦 そのB

婚活ランダムウォーク作戦 そのB

「セレンディピテイ」にたどり着くために

 

一部の科学者の間で使われている言葉に「セレンディピティ」というものがあります。

 

大辞泉によれば、その定義は「求めずして思わぬ発見をする能力。思いがけないものの発見。運よく発見したもの」とあります。

 

ここでは、特に「求めずして思わぬ発見をする能力」を指すことにします。

 

科学の世界において、世界を驚かせるような発見は、通常の実験や研究の中では、なかなか得られないものです。

 

人間が普通に考える範囲の中に、新しいものはないのです。

 

ノーベル賞を受賞した田中耕一さんも、実験中、間違った試薬をたまたま混ぜてしまい、普段ならそこで実験失敗で、すべての試薬を捨てるところ、その試薬を捨てず、結果を注意深く観察した結果、ノーベル賞につながる発見を得たといいます。

 

ランダムウォークにより、この「セレンディピティ」を得ることが重要なのです。

 

そのために重要なのは、次の4つです。

 

 

「うまくいく」と知っていること

 

目的にたどり着いた人は、ほとんどすべてにおいて、そうなることを「知って」いるのです。

 

「信じている」というレベルではなく、「知っている」のです。

 

幸せな結婚が出来る人は「私は、○○な男性と結婚することを知っている」わけなのです。

 

なぜうまくいくと信じていると、実際にうまくいくのかは、いろいろな理由があるが、その一つは、チャレンジし続けるからでしょう。

 

うまくいくまで試し続けるので、いずれうまくいってしまうのです。

 

ただ、信じ続けるのはとても難しいことです。

 

まわりの人間が「絶対にうまくいかない」と言ったり、権威のある専門家が「それは無理だ」と説得力を持って言ったりするからです。

 

それでも成功する人は、それらの言葉を信じないのです。

 

まず何の権威もないまわりの言うことなど、全く耳に入りません。

 

そして、専門家の言葉は、「どうすればうまくいくか」という視点だけで聞いています。

 

うまくいくための助言が一つも入っていない専門家の意見など、彼らにとって無意味なのです。

 

たとえば、「見た目が悪い人は男性にモテない」と権威ある人が言うなら、その専門家に「では、見た目が悪い人で、モテている人の理由は?」と聞くでしょう。

 

あるいは、それに関して述べている人を探すはずです。

 

 

 

「うまくいかせる」という気迫があること

 

セレンディピティには、「何としてでも、うまくいかせる」という気迫が必要です。

 

それを自然にできる人こそ、楽観的な人と呼ぶのかもしれません。

 

これも先ほどと同じで、そのような執着が、うまくいくまでランダムウォークし続けることを手伝うのでしょう。

 

 

 

こだわりを減らすこと

 

ここでいうこだわりとは、うまくいくためには、手段にこだわる必要はないということです。

 

ここでヒエラルキーの話をさせてもらいます。

 

ヒエラルキーとは「階屑構造」のことで、問題解決においてヒエラルキーの考え方はとても重要になります。

 

具体的に説明します。

 

たとえば、あなたが「彼が結婚を考えてくれない、どうすればうまくいくだろう?」と考えていたとします。

 

その時「結婚をする」のが目標なら、今の恋人にこだわる必要はありません。

 

ここでは「結婚する」が「彼と結婚する」よりヒエラルキーの高い位置にあります。

 

こだわりを捨てることで、急に解決の糸口が見えるのです。

 

さらに言えば、「幸せ」が目的なら、「結婚する」必要はないかもしれません。

 

問題に行き詰まっている時は、「ヒエラルキーの高い位置」からものを兒るべきです。

 

「連休に彼が会ってくれない」と思っても、それより高い位置に「彼と仲良くしたい」があれば、連休に彼と会うことなど、あまり重要ではなくなるかもしれないのです。

 

 このサイトのテーマは「結婚すること」ですから、「結婚をする」をヒエラルキーの一番高い位雌に置いたとして、「あなたのこだわりはなんだろう?」と考えてみましょう。

 

今住んでいる場所にこだわる必要はないかもしれませんし、今の仕事を辞めて、婚活に向いた職場に移動するのもありかもしれません。

 

あなたの中で「あまりに常識になっていること」の中に、こだわりがあったりします。

 

そこから逃れることも、セレンディピテイを得るためには重要なのです。

 

 

 

「人とのつながり」を増やすこと

 

これは特に結婚において重要です。

 

結婚は人と人とのつながりなので、つながりを増やし続けること、更新し続けることが重要なのです。

 

誰とも接しない世界、いつもと同じ人達とつながっているマンネリ化した世界において、「結婚につながる新しいこと」は起こりにくいでしょう。

 

常に誰かとつながり、常に新しいつながりを探し続ける必要があります。

 

ただ、ここで気をつけることは、本当に人とつながる必要があるということです。

 

たとえば、駅にいれば多くの人とすれ違うが、それは出会いではありません。

 

心がつなかっていないからです。

 

同様に、パーティでも「笑顔を振りまいているだけ」では、心と心はつながりません。

 

人とつながるというのは、会話をして、相手にあなたを個人として認識してもらえるようになることが、そのはじまりです。

 

さらには、何度か違う時に話をしたり、食事をしたりすれば、つながりは深まるでしょう。

 

親友のような「深いつながり」までは必要ありませんが、浅く、多くのつながりをつくる努力をし続けることが大切です。

 

そして、それを絶やさないようにすることです。

 

地道で退屈で、大変な努力ですが、それが大きな結果につながるでしょう。

 

これらのことをし続けることで、あなたにとってよい結婚ができる可能性が高まるはずです。

 

行き詰まっているなら、1割か2割の範囲で、ランダムウォークを続けてほしいと思います。

 

付き合っている友達を変え、こだわりを捨て、様々なことを試し続けることが重要です。

 

 

「失敗しないパートナーの条件」につづく >>

 

 

 

 

 

婚活はここから始めよう!