結婚の目的を明確にする

結婚の目的を明確にする

「どうすれば結婚できる?」という問いには答えられない

 

婚活中の女性、あるいはこれから婚活を始めようとしている女性がこのサイトを見てくださっていると思います。

 

婚活中のあなた。おそらく、婚活かうまくいかなくて悩んでいますね。

 

これから婚活を始めようとしているあなた、

 

「婚活をしようと思うけれど、何から手をつけたらよいのかわからない」

 

そのような気持ちで、このサイトを見ているのではないでしょうか。

 

まず、皆さんに伝えたいことがあります。

 

それは、「婚活の目的をはっきりさせる」ことが何より大切だということです。

 

「婚活している目的? そりゃあ結婚するためです!」という答えが返ってきそうです。

 

さらに質問を続けさせてもらいます。

 

「わかりました。結婚したいんですね。では、なぜ結婚したいのですか?」

 

すると、こんな答えが返ってきます。

 

「だって、この歳になったら結婚するものだと思うから」

 

「1人でいるのは寂しいから」

 

「あたりまえすぎて、ちゃんと考えたことがないけど、そういうものでしょう?」

 

では、婚活中の男性が同じことを言っていると想像してみてください。

 

「俺もいい年だ。独身でいるのは、会社でも肩身が狭い」

 

「何となく、寂しいしな」

 

「とりあえず、結婚相手が見つかればいいか〜、くらいの気持ちかな」

 

なんだか不安、あるいは不快に感じませんか? こんな男性には、選ばれたくないとさえ思うはずです。

 

結婚は、1人の男性と1人の女性がいて初めて成立するものです。

 

この条件に男女の違いはありません。

 

婚活を「結婚相手を探し、選ぶための活動」と考える人が多いのですが、同時に「自分が、結婚相手として選ばれるための活動」であることを忘れないでください。

 

結婚の目的がはっきりしていないから婚活に踏み切れない、あるいは結婚の目的がわからないままやみくもに婚活をしている。

 

だから選ぶことに迷いが生じ、その迷いが異性にも伝わってしまい、結婚対象として選ばれにくくなる。

 

その結果、婚活か長引いて苦しんでいる人が大勢います。

 

これが、現在の婚活の実情だと思います。

 

婚活から話が少し逸れますが、「私は仕事で困っています。どうしたらいいですか?」という質問があるとします。

 

この質問に対する答えはありません。

 

正確にいえば、「答えようがない」のです。

 

この相談者が、仕事を辞める・辞めないで困っているのか、仕事の内容について困っていることがあるのか、職場の人間関係のことで困っているのか、業務中に会社の重大な秘密を知ってしまい、それを告発するかどうかを困っているのか、あるいはそれ以外のことか、私には見当もっきません。

 

また、「夫が浮気をやめません。どうしたらいいですか?」「子どもが学校に行きません。どうしたらいいですか?」という質問も同じで、これはまるで、「私はとりあえずどのバスに乗ればいいんですか?」と質問しているのと同じです。

 

どのバスに乗ればいいのかという漠然とした質問には答えられません。

 

その代わり、次のようにたずねようと思います。

 

「あなたは、どこに行きたいのですか?」「目的地はどこですか?」

 

同じ様に、

 

「私、結婚したいんです。どうしたらいいですか?」

 

という質問には答えられません。

 

婚活を始める前に、自分の結婚の目的や結婚の本質というものをを知らなければならないのです。

 

答えを探すのは、それからです。

 

 

「なぜ婚活がブレるのか」につづく >>

 

 

 

 

 

婚活はここから始めよう!