自分の魅力を宣伝する その@

あなたの魅力を宣伝しなければなりません

 

ここまでで、市場や、相手から見た「ニーズ」と「貴重さ」が理解できたと思います。

 

この「ニーズ」と「貴重さ」を満たしていれば、それだけで、あなたは満たしていない場合よりもずっとモテるでしょう。

 

次に、ネットワーク理論の3つ目「市場に露出していること」について見ていきましょう。

 

露出とは、恋愛で言うところの「出会い」そのものです。

 

何度も言いますが、露出は、「ニーズ」と「貴重さ」が満たされて、初めて意味を持つのです。

 

ニーズも貴重さもないところで露出しても、意味がありません。

 

それは、ビジネスで成功したいと思っている若者が、異業種交流会に進んで参加し、名刺交換をしているが、その若者に価値がなければその後、よい関係につながることはないのと同じことです。

 

つまり、あなたへの「ニーズ」と「貴重さ」がある揚所で、「出会いの機会をつくるべき」ということなのです。

 

また、露出というのはお店の看板のようなものです。

 

テレビのCMのようなもの、映画の予告編のようなものでもあります。

 

「私はここにいますよ!」というのを相手にわかってもらうのが露出なのです。

 

道路で見かけるお店の看板に、そのお店が何であるのか、そのお店で何が買えるのかが書いてあるように、たとえばネットなどの出会いの場では、あなたの「魅力」が書かれていなければ意味がありません。

 

たとえば、「私は、顔も可愛くなく、ネガティブな性格です。こんな私でよければ付き合ってください」といった看板(プロフィール)を見て、お店に行く人はいるでしょうか?

 

「ニーズ」と「貴重さ」は、相手にわかるように露出する必要があることを知っておきましょう。

 

出会いの場を持ち続けることが大切

 

露出は、長期的に続ける必要があります。

 

あなたの魅力が「「市場(男性)」において貴重であること そのB」の中に書いた、中期、あるいは長期なら、一ヵ所にずっととどまる必要があります。

 

そうでないと、あなたの魅力を知らしめることができないからです。

 

あなたの魅力が中期なら三ヵ月を目安に、長期なら半年を目安にすればいいと思います。

 

サークルでもスクールでも、大体は体験入学制度があります。

 

そこで、目的となる男性がその場に複数いるかを見分けることです。

 

一人ではダメで、できれば、そのような男性が常に一定数入ってくる見込みがある場所が理想的です。

 

たとえば、ある種の英会話スクールは、平日の夜に、流動的に教室を決めることができます。

 

そのような場所であれば、あなたは、お気に入りの男性がいるところに参加することが可能です。

 

よい場所を見つけたら、あなたは、一つの場所に三ヵ月から半年はとどまり、その間、休まずに参加し続ける必要があります。

 

具体的にはこうです。

 

まず、これまで通っていたヨガ教室を止め、毎週水曜日の夜は、ビジネスマンがスキルアップや向上心のために参加しにくる英会話教室で出会いを探し、土曜日はテニスサークルに参加します。

 

毎日夜十一時からパソコンを立ち上げ、いくっかのSNSのコミュニティに参加し、コメントを書き続けます。

 

これを、三ヵ月から半年は続けるということです。

 

また、あなたの魅力が短期の場合も、露出を続ける必要があります。

 

あなたが自分には合コンが向いていると考え、その理由が、あなたの見た目がよく、でも長期的には男性にとってあまり居心地のよい女ではないからと考えたとします。

 

そうと決めたからには、合コンを、半年の間に少なくとも12回はしてほしいと思います。

 

合コンでどのようにふるまうか、どうやればうまくいくのかなど、露出の仕方を学ぶのに時間がかかります。

 

12回、合コンをすることで、やっと自分がその市場に向いているかどうかが、わかってくるのです。

 

露出は効果的にすべきです。

 

サイトに詐欺と言われない程度に写りのよい顔写真を載せれば、それが効果的な露出になるし、年齢が若いなら、その年齢をプロフィールに書けば効果的です。

 

もし、すでにサイトを利用して成功している人が周囲にいれば、その人から教えてもらうといいでしょう。

 

相手をいつの間にかトリコにする

 

ウェブ・マーケテイングの世界で、2009年あたりから流行した概念があります。

 

それは、「フリー(無料)」という概念です。

 

世界25力国で刊行され、日本でもベストセラーになった『フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』で、クリスーアンダーソンによって提叫
されている考えです。

 

あなたが、中期的、長期的な魅力を持っている場合は、このフリーという手法を露出の段階で使うことが、極めて重要となります。

 

フリーに関して少し説明すると、現在、私たちは、多くのゲームを無料(フリー)で楽しむことができ、また、多くの音楽も合法的に無料のストリーミング放送で闘くことができます。

 

雑誌や漫画の一部を無料で読むことができたり、ソフトウェアを1カ月程度無料で使ったりすることもできます。

 

なぜ、営利目的の企業が、こんなに無料でサービスを使わせてくれるのでしょうか?

 

いったい、どんなメリットが企業にあるのでしょうか?

 

たとえば、私はあるソフトを無料で30日間使っていて、それはとても快適でした。

 

なぜなら、30日間は、無制限に、すべての機能を使ってよかったからです。

 

そして、30日たったある日、「これ以上使用するには、お金を払ってください」という文字が出たのです(実際には、それより前に警告が出ていましたが、気にしていなかったのです)。

 

悩んだ挙句、私は、1万円近くする、それほど安くはないソフトを購人したのです。

 

そのソフトなしでは、仕事ができなくなるほど依存していたからです。

 

もし、そのソフトが最初から有料だったら、使っていなかったでしょう。

 

何かわからない得体の知れないソフトに、1万円近いお金を払う気がしないからです。

 

フリーという手法は、人に「とりあえず使ってみるか」と思わせるのです。

 

相手の価値を見積もるのを先送りにさせるのです。

 

これは、恋愛においても、結婚においてもよく起こっていることなのです。

 

そして、あなたに中期、長期の魅力がある場合、このやり方は非常に参考になるはずです。

 

つまり、職場や何かの集まりなどで、男性があなたとずっと一緒に過ごしているうちに、あなたの優しさや、性格のよさを勝手に感じて、好きになるように仕向けるのです。

 

これが「フリー」です。

 

このようにふるまうことを「フリー作戦」と呼ぶことにしようかと思います。

 

フリー作戦を用いるなら、あなたが職場にいてもサークルにいても、最初の段階で彼に好きと言ってはいけないし、下心を感じさせてもいけません。

 

フリーであなたのよさを昧わってもらう時期だからです。

 

長期的に過ごしているうちに相手が、あなたに価値を感じ、あなたを魅力的と感じて初めて、あなたは彼に次のように声をかけてよいのです。

 

「私と付き合う気がありますか?」と。

 

フリーのソフトが「30日間のお試し期間」を過ぎて初めて有料になるように、充分にあなたの価値を味わってもらってから、あなたは彼に付き合うかどうかを問くのです。

 

もし、あなたの「一瞬でわかる価値が低く」、その代わり「長期的にわかる価値が高い」なら、あなたには、フリー作戦を用いるメリットが出てきます。

 

最初の段階から「付き合えるかどうか、はっきりしてほしい!」とは言わず、とりあえずあなたのよさを味わってもらうのです。

 

一方で、もしあなたが、長く付き合ったらボロが出てしまうような、ワガママで退屈な女性なら、このフリーの戦略は使えません。

 

あなたが自分をブランディングして、彼に必要なメッセージを出せないなら、この作戦は使えないのです。

 

 

「自分の魅力を宣伝する そのA」につづく >>

 

 

 

 

 

婚活はここから始めよう!