嘘をつかれたらどうする?

嘘をつかれたらどうする?

嘘をつかれたらどうする?

 

結婚を考えている交際相手との間に生じるトラブルの1つに、「嘘」があります。

 

嘘をつかれたことを知ると、通常は二重の衝撃におそわれます。1つめは嘘の内容。2つめは嘘をつかれたという行為そのものです。嘘が発覚したのをきっかけに、相手に対する不信感が生まれます。「私に嘘をつくような人と結婚してもだいじょうぶかしら」という気持ちが日に日にふくらみ、結婚話が壊れることもあります。

 

J子さんが遭遇したのは、次のようなケースでした。

 

「彼、いつも『借金なんかない』と言っていたけど、実は借金があったんです」彼の部屋でたまたま借用書を見つけ、びっくりしたJ子さん。彼に電話をし、借用書を見つけたことを話すと「黙っててごめん。実はそうなんだ」と認めたそうです。話の続きを聞く気にもなれず、今では彼からの連絡を無視していると言います。

 

私はたずねました。

 

「彼はなぜ、『借金がない』と言っていたんでしょう?・」J子さんは答えます。「知りません。そんなことより、彼には借金があったんですよ。嘘を見抜けなかった自分にも腹が立ちます」

 

借金があった事実を知ったJ子さんの気持ちが穏やかでないのは当然です。しかし、まず目を向けなければならないのは、彼がなぜ借金のことをJ子さんに言わなかったのかという理由です。彼の本心は、そこにあるからです。

 

借金の額があまりに大きいために話しづらいと感じたからなのか、J子さんにフラれるのがこわかったのか、それとも、返済のめどがすでに立っており、心配をかけたくなかったのかを確認することが先決です。

 

次に、借金の内容です。借金がギャンブルなどの浪費によるものとはかぎりません。ビジネススクールに通学するための費用だったり、家族のやむを得ない事情による借金だったりするかもしれないのです。

 

それから、返済状況も確かめましょう。計画をきちんと立て、毎月コツコツと返済しているのか、返済が滞ってしまっているのか、本人の口から話してもらうのです。

 

借金があることを隠されていたという事実だけに目を向けると、怒りや不信感のみが募ります。彼が嘘をついたことが発覚したら、「何か嘘をつかなければならない理由があったのかな」と考えるゆとりを持ち、彼の本心に優しく触れてあげてください。

 

そんなあなたに彼も心を開き、何もかも打ち明けてくれるはず。愛のあるコミュニケーションは、そこから生まれます。2人の絆は壊れるどころか、いっそう強いものになるかもしれないのです。

 

ただ、残念なことに世の中には平気で嘘を重ねる人がいます。あなたの優しさにつけこみ、嘘を繰り返す彼と交際を続けるのか、別れるのかを決めるのはあなた自身です。迷うのであれば、自分に向かって

 

「彼を選んだ自分に、自信と誇りを持てている?」

 

とたずねてみてください。何より、自分の気持ちに寄り添うことが大切です。

 

 

「出産できる年齢で結婚するべき?」につづく >>

 

 

 

 

 

婚活はここから始めよう!