浮気をされた時の心構え

浮気をされた時の心構え

浮気をされた時の心構え

 

大人の女性なら、「男は魅力的な異性に興味をもつ生き物」という心構えをもつことが大切であるとお話ししました。

 

同じ様に、男性も「女は魅力的な男性に惹かれていく生き物」なのだということを覚えておいておくべきです。

 

人生にハプニングはつきもの。明日、何か起こるのかわからないのが人生です。

 

夫や彼が浮気したという女性に話を聞くと、たいてい次の2タイプに分かれます。

 

「やっぱり、やられちゃった」

 

というタイプと、

 

「彼が浮気ですって? 信じられない」

 

というタイプです。

 

前者は、「男は魅力的な異性に興味をもつ生き物。彼も例外ではない」と考えている女性。事実を冷静に受け止めています。

 

後者は、「彼だけは浮気するはずがない」という思い込みが強い女性です。信じていた彼に裏切られたという感情が先に立ち、心を乱しています。

 

少し厳しい言い方になりますが、浮気をする彼を選んだのはあなた白身。

 

結婚した夫婦であれば、付き合った年月は、彼の言動を見極める期間でもあったことを思いだしてください。

 

仕事が有能で、女性をスマートにエスコートできて、見た日も好みという男性を、「そんな彼がかっこよくて大好きだから結婚する」と決める、あるいは「男性として魅力的だけど、安心できないから結婚しない」と決める。いずれも、自由に選ぶことができました。

 

結婚後、浮気が事実として起こった場合は、その後を考えることが肝心です。浮気を1次被害と定義するならば、夫婦関係や家庭の崩壊といった2次被害を防ぐことを決して忘れないでください。

 

まず、自分がどうしたいのかという気持ちに寄り添います。

 

「関係を修復する」、「離婚して新しいパートナーを探す」、「男はこりごりだから、離婚してI人で生きる道を選ぶ」など、さまざまな選択肢があります。自分が進みたい道はどれなのか考え、自山に選ぶことができます。

 

次に、夫がなぜ浮気をしたのかという気持ちに、思いをはせます。

 

「単なる遊び」か、あなたに対して愛情が残っていないための「本気の行動」か。

 

この違いは、浮気相手と妻であるあなたのどちらに「安心」を感じているかが決め手になります。

 

今でも妻であるあなたに安心を感じている夫であれば、単なる遊びの可能性が高く離婚を望んではいないでしょう。

 

あなたへの謝罪の態度にも、心がこもっているはずです。

 

あなたも、夫と関係を修復したいと考えているならば、浮気した夫の味方になり、一緒にがんばるしかないのです。

 

もし、あなたが「一緒にがんばってやり直すなんて無理」と思うなら、すでに夫に対する愛情が冷めており、安心を得られるパートナーではないことを意味します。

 

浮気は、単に「した」「された」というだけの問題に見られがちになります。しかし、浮気というのものは夫婦という間柄で発生した問題と受け止めるべきなのです。つまり、夫婦2人で立ち向かわなければならない問題なのです。

 

これは、何も浮気に隕ったことではありません。

 

病気、ケガ、不妊、失業、親の介護、子どもの問題……。

 

これらすべてを夫婦2人の問題ととらえ、一緒に解決しようと力を合わせる。それができる相手こそ、パートナーにふさわしいといえるのです。

 

夫婦の問題を2人で協力して解決したとき、2人とも充実した気持ちになれます。お互いが、そんな相手を選んだ自分に誇りさえ感じます。

 

これこそが心の成長であり、自己愛を育てるということなのです。

 

 

「結婚と仕事の関係」につづく >>

 

 

 

 

 

婚活はここから始めよう!