自分より相手のことを考えなければならなくなる

自分より相手のことを考えなければならなくなる

自分より相手のことを考えなければならなくなる

 

恋愛と結婚は別のものですが、恋愛の経験がムダかというと、決してそうではありません。

 

恋愛は自らを成長させる大きなチャンスなのです。

 

恋愛をすると、だれにも共通する1つの課題ができます。

 

それは、「自分より相手のことを考えなければならなくなる」という課題です。

 

どんなに自由気ままに、どんなにわがままな生き方をしてきた人でも「恋愛中」に限っては、その恋愛を成功させるために行動するようになります。

 

しかし、恋愛の相手が自分の思いどおりに動いてくれるとは限りません。

 

自分とは違う相手を受け入れ、相手の気持ちを理解しなければならないのです。まさしく、人として高度な成長を遂げる絶好の機会ですね。

 

相手の心の中を考えるという想像力こそ、もっとも重要なコミュニケーション能力の1つです。これだけでも「恋愛をする価値がある」といえます。

 

では、恋愛経験のない人は結婚相手としてふさわしくないのでしょうか。世の中には、恋愛経験がほとんどないまま、結婚する人もいます。

 

一概にはいえませんが、そのような人は自分と人の違いに直面した経験が少ないため、自分の価値基準を相手に押しつけてしまう可能性が高いのも事実です。

 

しかし、少ない恋愛経験をカバーする、とっておきの方法があります。

 

それは、心理カウンセラーになるための勉強をすることです。

 

考えてみてください。恋愛中の人は、まるで心理カウンセラーのような行動をとっていると思いませんか?

 

相手の話をじっくり聞き、何か悩んでいれば「いいのよ。あなたはあなたのままで」などと言葉をかけます。

 

相手のために寄り添ったり、励ましたりしています。

 

これは、相談者を相手にする心理カウンセラーの姿にとても似ています。

 

自ら成長して、相手を思いやることができる幸せな結婚生活を手に入れるために、自分よりも相手のことを考えるようにしてみましょう。

 

そして、理想の結婚を実現する第一歩にしてみましょう。

 

 

「心が弱くなると不安になる」につづく >>

 

 

 

 

 

婚活はここから始めよう!