3種類の恋愛の結末

3種類の恋愛の結末

3種類の恋愛の結末

 

間違った結婚を引き寄せないためにも、恋愛には、「結末」という着地点があることを覚えておくことをおすすめします。

 

「結末」という言葉に、「せっかく恋愛が始まって楽しい気分でいるのに、水を差さないで」と、顔をしかめる人もいるかもしれませんね。

 

結末とは、何も離別だけではありません。次の3種類があるという意味です。

 

 

@結婚する

 

A別れて他人になる

 

B友達になる

 

 

交際相手がいる人は、自分と相手にとっての結末が、3つのどれにあてはまるだろうと考え、見極めておくのです。

 

3つの中のどれになろうとも、「悔いのない結末を迎える」のが理想です。

 

付き合っていくうちに、「彼のことを好きだけど、私たちはどうやら友達になりそうだ」と感じたなら、自らその道を歩むのが賢明です。

 

恋愛が終わったからといって、この世が終わるわけではありません。大切な友達を1人増やして、次なる新しい恋愛を求めればよいのです。

 

それに、あなたが「何か何でも彼と結婚する!」と息巻いていようとも、彼が同じ考えをもっているとは限りません。

 

A、あるいはBに進む道を冷静に見極め、自分から方向づけることができれば、実際にお別れをすることになっても、大きく傷つくことはないでしょう。

 

@を選ぶ場合、2人の考えが「結婚する」で一致したのならば祝福すべきことですが、そこに「愛」があるかを確認しなければなりません。

 

愛というものが抽象的でよくわからないという人でも、相手が自分を安心させようとしてくれているかどうかは、わりと簡単に判断できると思います。

 

気の利いたプレゼントや、サプライズなどの行動は、その場が華やかに盛り上がることはあっても、「安心」と同じものではありません。

 

いっぽう、豪華なプレゼントや演出がなくても、あなたが彼に安心を感じるのであれば、そこには愛があるといえるでしょう。

 

 

「自分より相手のことを考えなければならなくなる」につづく >>

 

 

 

 

 

婚活はここから始めよう!